母親としての気持ち|新大阪のカウンセリングルーム【スマイル・ユー】でお悩みをご相談ください。

母親としての気持ち

母親としての気持ち

  • 母親としての気持ち
2015年03月08日
こんにちは! 三寒四温ですね いかがでしょうか?
先日 新聞の相談コーナーにこんな相談内容が掲載されていました。ご覧になった方もいるかと思いますが
20代の娘と今後どう接していけばいいのか?という悩みです。
娘さんは幼いころから優秀で容姿端麗で、大学卒業後大企業に就職しました。しかし3年後退職し、アルバイト生活になり年金保険料も支払えない生活をしているが、趣味のエクササイズをして明るく過ごしているのが、母親として複雑な気持ちでいます。何のために大事に育ててきたのかむなしくなる。娘はバイト生活を脱する気持ちはあるようです。余り口出しをしないようにしているが、母親として娘にどう接していけばよいのか?という内容のようです。
このような内容にカウンセラーとして私なりの想いをのべてみます
結論からいうと、普段通りに接していくことがいいのではないでしょうか?
母親としての娘に対する思いは皆様同じではないでしょうか?
しかし、ここでは少し気になることは、「なんのために大事に育ててきたのか?」という内容です。
では、なんのために娘を育ててこられたのか?をうかがいたいのです。
母親は、娘に自分の理想に沿った生き方から外れてしまったことによって、「こんなはずではなかった」という思いが
でてきたのではないでじょうか?だから「むなしい」という気持ちになったと思います
このようなこたは、誰しもが経験していると思います
皆様はいかがでしょうか?

お気軽にお問い合わせ下さい TEL:06-6829-6668

infomation

カウンセリングルーム
スマイル・ユー
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島
6-2-3
チサンマンション第7新大阪1026号
皆様の心に寄り添うカウンセリングを目指し、うつ病、適応障害など、皆様の悩み相談に対応致します。
  • TEL:06-6829-6668
  • Mailform

予約はこちら

ページの先頭へ